鳩山首相、小沢氏事件で陳謝 衆院代表質問(産経新聞)

懸賞 2010年 02月 02日 懸賞

 鳩山由紀夫首相の施政方針演説など政府4演説に対する代表質問が1日、衆院本会議で始まった。首相は小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件について「お騒がせしたり、ご心配をいただいていることに関し国民に真摯(しんし)におわび申し上げたい。検察が公正な捜査を行うことを信じている」と陳謝した。

 また、自民党の谷垣禎一総裁が鳩山政権を「小沢独裁」と批判したことを受け、首相は「小沢氏は代表の信任と委託に基づいて職務にあたっており、党や政府を支配することは一切ない。健全な党内民主主義を貫いている」と反論した。

 一方、首相は「マニフェスト(政権公約)を着実に実行し、次の総選挙で国民に実績に基づいて信を問う」と述べ、早期の解散・総選挙を否定。永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案の国会提出には「積極的な思いを持っているが、与野党にさまざまな意見がある。提出に向け論点整理を行っている」と説明した。

【関連記事】
小沢氏、刑事責任問われるならば進退判断
首相、日本郵政社長は「天下りではない」と強弁
自民の石原氏、「7つの大罪」で首相を追及
「冷静に見守ることが大事」 与党内の小沢氏「けじめ」論に鳩山首相
「発想おかしい」各地で反対決議 外国人参政権

<NHK>福地会長、任期満了前に辞任の意向(毎日新聞)
普天間移設、硫黄島案取り下げ=社民(時事通信)
高校無償化法案を閣議決定=授業料負担を軽減(時事通信)
NHK、視聴者への不適切対応で担当者契約解除(読売新聞)
山崎拓氏、国政復帰は困難に…引退は否定(読売新聞)
[PR]

# by 1eayyij2qs | 2010-02-02 04:07

条件付き「25%減」を国連提出へ=温暖化閣僚委で正式決定−政府(時事通信)

懸賞 2010年 01月 31日 懸賞

 政府は26日、国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)の「コペンハーゲン合意」に基づき、2020年までの温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減する日本の目標を一両日中にも条約事務局に提出することを正式決定した。ただ、すべての主要排出国が地球温暖化対策の新たな枠組み(ポスト京都議定書)に参加し、「意欲的な目標」で合意することなどを条件とした。同日開かれた地球温暖化問題に関する閣僚委員会で確認した。
 鳩山由紀夫首相は「米国や中国などの主要排出国の背中を押し、われわれも頑張るので、みんなも頑張ろうとの思いだ」とあいさつ。日本が高い目標を掲げることで、他国にも意欲的な数値を設定するよう促していく考えを強調した。 

【関連ニュース】
生物多様性保全で「生きもの委員会」=COP10へ官民でPR-環境省
世界最大のサンゴ礁沖を初掘削=過去2万年の気候変動解明へ
与党議員PTを設置へ=経産省
ドイツ銀行とクリーン技術ファンド創設=UAEマスダール〔BW〕
「25%減」に理解求める=温室ガス、日商会頭に

【施政方針演説】全文(2)目指すべき日本のあり方「労働なき富…」(産経新聞)
函館線運転再開、脱線列車2両を撤去(読売新聞)
つかこうへい氏 肺がんで入院、「飛龍伝」は上演へ(毎日新聞)
首相「起訴ないこと望む」 石川容疑者で異例言及(産経新聞)
3大都市圏の人口集中止まる…仕事・異動減り(読売新聞)
[PR]

# by 1eayyij2qs | 2010-01-31 13:25

「マイルドセブン」にココア! タバコに含まれる驚きの「食品」(J-CASTニュース)

懸賞 2010年 01月 29日 懸賞

 タバコの「マイルドセブン」にココアが入っているーー日本たばこ(JT)の公式ホームページにそんな記載が見つかった、とネットで話題になっている。なぜココアなのだろうか。

 JTのホームページにはタバコ各銘柄の「銘柄別主要添加物リスト」があり、「マイルドセブン・スーパーライト」、「マイルドセブン・アクア・メンソール」など「マイルドセブン」シリーズにはココアが含まれている、とある。その他にもハチミツや、プラムエキストラクト果汁も使われている。「セブンスター」にはプルーン果汁、メープルシロップが使われている。

■ラム酒やバニラ、ハチミツも使われている

 JT広報によれば、添加物としてこうした「食品」が使われるのは、タバコの味や香りを整えるため。タバコは数十種類の葉たばこをブレンドし各銘柄の特徴を出すが、葉たばこの香りや味に独特の「くせ」があり、その「くせ」を消し、より美味しくするために香料が必要になる。ちなみに、味や香りを整えるために使われるのがココア、カンゾウ、糖類など。銘柄の特徴を出すため仕上げに使われるのがメンソール、ラム酒、バニラなどだそうだ。

 「たばこと塩の博物館」(東京都渋谷区)によれば、日本に紙巻きタバコ(シガレット)が登場したのが明治時代。フィルターの無い両切りタバコと、吸い口が筒のようになっている口付きタバコだった。それまで日本では、葉タバコをキセルで吸っていた。紙巻きタバコはモダンだと急速に普及したものの、キセルに比べ紙巻きタバコは、葉たばこが口に近いために刺激が強すぎた。当時のアメリカでは味をマイルドにするため葉たばこに砂糖が使われるなどしていた。日本もそれに倣い、タバコをマイルドにするため、日本人好みの味を工夫するため、ココアやハチミツなどを用いるようになったのだろう、と「たばこと塩の博物館」では説明している。


■関連記事
「タバコが迷惑なら、子育てだって迷惑だ!」 駅全面禁煙反対論にコメント殺到 : 2009/04/20
うつ病と睡眠障害に効く リュミノテラピーって何? : 2010/01/07
仕事中の「タバコ」を減らしたら「残業」が減った!?  : 2009/10/05
「マジックアーム」で物流革命 作業時間を大幅にカット! : 2009/11/09
食品添加物掘り下げた でも「トコトン」とは言いかねる : 2009/12/09

立川市 ごみ再資源化へ新装置導入(産経新聞)
菅家さんテープ、報道機関に複製配布へ(読売新聞)
<本屋大賞>候補に「1Q84」や「横道世之介」(毎日新聞)
亀井金融相、答弁中の自民ヤジに「うるさい!」(読売新聞)
成人式妨害した18人、秋田市長に謝罪(読売新聞)
[PR]

# by 1eayyij2qs | 2010-01-29 23:46