「隠れ天下り」監視へ新機関、人材センター廃止(読売新聞)

懸賞 2010年 02月 06日 懸賞

 政府が今国会に提出する国家公務員法等改正案の概要が3日、明らかになった。

 各省庁のあっせんによる国家公務員の「天下り」根絶に向け、内閣府の「官民人材交流センター」を廃止し、新たに「民間人材登用・再就職適正化センター」を新設することなどが柱で、4月1日の設置をめざす。

 新センターは、各省庁による民間人採用や官民人事交流の支援のほか、再就職した官僚OBの出身省庁への働きかけや、官僚OBが独立行政法人の役員以外の嘱託職員などに再就職する「隠れ天下り」などの監視を行う。こうした「天下り」監視は、同センター内に第三者機関「再就職等監視・適正化委員会」を設置し、同委員会が調査や勧告を行う。センター長には閣僚を充てるとしており、平野官房長官を起用する方向で調整している。

 「官民人材交流センター」は麻生政権下の2008年末に、各省庁が行っていた再就職のあっせんを内閣が一元管理するため設置された。これに対し、鳩山政権は発足直後の昨年9月、省庁あっせんによる天下りそのものを禁止する方針を打ち出したため、同センターは事実上、機能を停止していた。

 法案にはほかに、国家公務員の幹部人事を一元管理するため、内閣官房に「内閣人事局」を4月1日に設置すると明記。同局は労働基本権に関する検討など、今後の公務員制度改革も担当する。同局長は首相が官房副長官の中から指名するとしており、松井孝治官房副長官の起用案が浮上している。

<裏金接待>前福岡副知事を収賄容疑で逮捕(毎日新聞)
阪和線トラブル 2・7万人影響(産経新聞)
銀座多額窃盗 国内20件以上関与か…香港で逮捕の爆窃団(毎日新聞)
<ハイブリッド車>接近知らせる装置でガイドライン…国交省(毎日新聞)
「道歩くと前後から襲われそう…」アキバ事件、トラウマに(産経新聞)
[PR]

# by 1eayyij2qs | 2010-02-06 19:20

<山田洋次監督>「ベルリン」特別功労賞を受賞(毎日新聞)

懸賞 2010年 02月 06日 懸賞

 2月11日に開幕する第60回ベルリン国際映画祭で、山田洋次監督が特別功労賞「ベルリナーレ・カメラ」を受賞することになった。新作「おとうと」の公開初日の30日、山田監督が東京都内の映画館で舞台あいさつした際に明らかにした。

 松竹によると、映画界に貢献した個人や団体に贈られる賞で、日本では市川崑監督(00年)や熊井啓監督(01年)が受賞している。山田監督は「市川監督の映画『おとうと』(1960年)がヒントになって作った作品。同じ賞を頂けるのは光栄です」と喜びを語った。

【関連ニュース】
ベルリン映画祭:山田洋次監督「おとうと」を記念上映
注目映画紹介:「おとうと」 姉弟を中心に家族のきずな描く “山田組”独特の笑いと涙の物語
彼女がキレイな理由:蒼井優さん 休日は文鳥を放し飼い「プライベートを楽しく」
彼女がキレイな理由:蒼井優さん 山田組は「リアルな芝居の上の芝居」 ベテランの教えで開眼
彼女がキレイな理由:蒼井優さん こだわりは黒のニット帽 バツイチ役「結婚にあこがれない」

橋の補修中に足場ごと落下、2人死亡…熊本(読売新聞)
白樺湖氷燈祭 東京スカイツリーの氷像もお目見え 長野(毎日新聞)
<しのぶ会>黒川高秀さん=3月13日、京王プラザホテル(毎日新聞)
普天間移設、最後は国の責任で=岡田外相(時事通信)
【偽りの果てに 連続婚活詐欺・不審死事件】(上)“名家育ち”破滅の人生 (産経新聞)
[PR]

# by 1eayyij2qs | 2010-02-06 00:06

京大病院患者から高濃度インスリン 殺人未遂などで捜査(産経新聞)

懸賞 2010年 02月 05日 懸賞

 京都大学付属病院(京都市左京区)で昨年11月、入院患者の90代の女性の容体が一時急変して意識不明となり、血液から投与された記録のない高濃度のインスリンが検出されていたことが1日、分かった。事件の可能性もあり、京大病院は原因を調査するとともに、川端署に届け出た。川端署は業務上過失致傷や殺人未遂などの容疑で調べている。

 同署などによると、女性は京大病院の循環器内科に入院中、血糖値が急激に下がる発作を起こし意識不明の重体となった。京大病院が血液検査などで調べた結果、血液から血糖値を下げるインスリンが高濃度で検出されたという。

<ハーグ条約>米次官補、早期加盟を日本に求める(毎日新聞)
公明、参院埼玉選挙区に西田氏擁立を決定(産経新聞)
JR福知山線ATSトラブル(産経新聞)
カンピロバクター感染率、鶏肉生食で72倍に(医療介護CBニュース)
<空自>国産次期輸送機、初の試験飛行 岐阜基地(毎日新聞)
[PR]

# by 1eayyij2qs | 2010-02-05 01:52

3大都市圏の転入超、5万人減=不況で09年、名古屋圏転出超に−総務省(時事通信)

懸賞 2010年 02月 04日 懸賞

 総務省は29日、住民基本台帳に基づく2009年の人口移動状況を発表した。三大都市圏では、転入が転出を上回る「転入超過」が計10万4400人となり、前年比4万9700人減と急激に落ち込んだ。転入超過数が4万人以上の規模で減少するのは1993年以来16年ぶり。
 同省統計局は「仕事に伴う転居が不況の影響で減った。移動することが多い若年層の人口減少も要因」と分析している。
 東京圏(東京、神奈川、埼玉、千葉の各都県)は11万7500人の転入超過だが、超過数は前年比で3万4200人減少。このうち、東京都の状況を月別に見ると、先月までの3カ月連続で転出が転入を上回った。前年まで転入超過だった名古屋圏(愛知、岐阜、三重の各県)は、7年ぶりに4500人の転出超過となった。
 大阪圏(大阪、兵庫、京都、奈良の各府県)は74年から転出超過が続いているが、人数は前年より2600人少ない8600人にとどまった。転出超過が1万人を下回るのは23年ぶり。 

【関連ニュース】
名古屋市の住基離脱に反対=強行なら法的措置も
名古屋離脱なら影響大きく=住基ネット、慎重対応求める
名古屋市、住基ネット離脱へ=原口総務相に方針伝える
コンビニでも住民票=首都圏3市区が2月から
姉に成り済まし住基カード=17歳、祇園でホステス

<人事>公取委(28日)(毎日新聞)
アパートで女性刺される=部屋に血の付いた包丁−岐阜(時事通信)
検察審査会、初の起訴議決=元県警副署長、刑事裁判に−明石歩道橋事故・神戸(時事通信)
鳥取連続不審死 「ノーコメント」繰り返す県警(産経新聞)
<中学入試>受験シーズン到来 私立人気、不況知らず? 併願数は減少傾向(毎日新聞)
[PR]

# by 1eayyij2qs | 2010-02-04 03:07

覚醒剤使用の警部補を懲戒免職 千葉県警(産経新聞)

懸賞 2010年 02月 03日 懸賞

 千葉県警監察官室は28日、覚せい剤取締法違反(使用)罪で起訴された同県警佐倉署の警部補、佐藤祐介被告(49)を同日付で懲戒免職処分とした。

 監察官室によると、佐藤被告は昨年12月8日ごろ、佐倉市内の飲食店駐車場に停車した車内で、知人の女性に依頼して、覚醒(かくせい)剤を腕に注射させ、使用したとされている。

 佐藤被告は監察官室の調べに「これまでに覚醒剤を数回利用したことがある」などと罪を認め、「薬物担当の係長が、覚醒剤を使用してしまい、本当に反省している」などと謝罪しているという。

 県警の西山厚志首席監察官は「警察官として絶対にあってはならない行為であり、極めて遺憾。再発防止に努めたい」などとコメントした。

【関連記事】
イラン人13人逮捕 覚醒剤など3億数千万円密売か
「警察か第三者の可能性」覚醒剤所持で無罪判決
邦人の覚醒剤持ち込み、高裁へ マレーシア
覚醒剤使用で元「光GENJI」赤坂晃容疑者を起訴 千葉地検
「死んでびっくりした」元会社社長の死体遺棄で無職の男

<偽造1万円札>仙台の繁華街で8枚見つかる(毎日新聞)
安保50周年 本質外れた反対運動、呪縛から思考停止に(産経新聞)
名護市長選「間違いなく新たな要因」…国務次官補(読売新聞)
小沢氏続投、支持相次ぐ=事情聴取受け閣僚が発言(時事通信)
インフル行動計画検証へ 強毒性への備え構築(産経新聞)
[PR]

# by 1eayyij2qs | 2010-02-03 03:35