小沢氏、参院選準備を加速=「威信」回復へ陣頭指揮(時事通信)

懸賞 2010年 02月 18日 懸賞

 民主党の小沢一郎幹事長が、夏の参院選に向けた準備を加速し始めた。政治資金規正法違反事件で自らの不起訴が決まった4日以降、参院選の立候補予定者と相次いで会談。先送りしていた第1次公認候補の発表は2月中にも100人規模で行う方針だ。選挙対策の先頭に立つ姿勢をアピールし、事件で傷ついた「威信」を回復したい考えのようだ。
 「自民党を離党して16年目でやっと目標の第一歩を達成した。まだまだしなければならないことがたくさんある」。小沢氏は13日、「小沢一郎政治塾」で講演し、参院選の勝利に向けて陣頭指揮を執る考えを強調した。 

ハイチ大地震 陸自隊員34人が首都に到着 PKO1次隊(毎日新聞)
<石川知裕議員>「不適切記載深く反省する」9日会見を訂正(毎日新聞)
「意図的な虚偽報告ない」を撤回=会見発言は誤解−石川議員が談話(時事通信)
税の恩典があり、確実にもらえる 国民年金基金のメリット強調していきたい 国民年金基金連合会 松本省藏理事長に聞く(J-CASTニュース)
夫の相続2億円隠す 妻「命にかえて残した」 大阪国税局が告発(産経新聞)
[PR]

by 1eayyij2qs | 2010-02-18 01:03

<< JR宇都宮線が運転再開 3万5...   高校生刺傷で50代男聴取=徳島... >>