出産育児一時金の月2回請求を検討―厚労省(医療介護CBニュース)

懸賞 2010年 02月 11日 懸賞

 出産育児一時金の直接支払制度の導入を4月に控え、厚生労働省が医療機関の請求・支払い回数を月2回に増やすことを検討していることが2月8日までに明らかになった。現行の月1回の請求では、支払いが申請から最大で2か月後になるため、医療機関の資金繰りが難しくなるとの声があった。

 現行の月1回の請求では、請求日は退院の翌月10日で、支払いは翌々月の5日ごろ。退院が11日だった場合、支払いは2か月後の5日ごろになり、その間は産科医療機関が分娩費用を立て替えることになる。しかし、10日だけでなく下旬にも請求日を設ければ、翌月末には支払いが可能になる。

 保険局総務課の担当者は、「月2回でも(資金繰りが)苦しいところがあれば、4月からの全面実施は難しい」ため、月2回に増やした場合の効果などを見た上で実施時期を検討するとしている。


【関連記事】
出産育児一時金「直接支払」を半年間猶予
出産育児一時金、さらに4万円引き上げへ―厚労省
「直接支払」猶予で事務連絡―出産育児一時金
人を大切にする医療システムを
産科医などの分娩手当を補助―厚労省

火災はボクらの鼻で防ぐ!世界遺産平城宮跡 警察犬がパトロール(産経新聞)
平野官房長官 個所付け事前通知で陳謝(毎日新聞)
<銀座時計盗>香港の捜査員来日 大丸神戸店視察へ(毎日新聞)
橋下知事「尊敬する虫はゴキブリ」(産経新聞)
<参院代表質問>首相、新たな移設先選定を強調 普天間問題(毎日新聞)
[PR]

by 1eayyij2qs | 2010-02-11 01:01

<< 見えぬタンス預金、「ゼロ」が半...   <名古屋ひき逃げ>逃走男を窃盗... >>