京大病院患者から高濃度インスリン 殺人未遂などで捜査(産経新聞)

懸賞 2010年 02月 05日 懸賞

 京都大学付属病院(京都市左京区)で昨年11月、入院患者の90代の女性の容体が一時急変して意識不明となり、血液から投与された記録のない高濃度のインスリンが検出されていたことが1日、分かった。事件の可能性もあり、京大病院は原因を調査するとともに、川端署に届け出た。川端署は業務上過失致傷や殺人未遂などの容疑で調べている。

 同署などによると、女性は京大病院の循環器内科に入院中、血糖値が急激に下がる発作を起こし意識不明の重体となった。京大病院が血液検査などで調べた結果、血液から血糖値を下げるインスリンが高濃度で検出されたという。

<ハーグ条約>米次官補、早期加盟を日本に求める(毎日新聞)
公明、参院埼玉選挙区に西田氏擁立を決定(産経新聞)
JR福知山線ATSトラブル(産経新聞)
カンピロバクター感染率、鶏肉生食で72倍に(医療介護CBニュース)
<空自>国産次期輸送機、初の試験飛行 岐阜基地(毎日新聞)
[PR]

by 1eayyij2qs | 2010-02-05 01:52

<< <山田洋次監督>「ベルリン」特...   3大都市圏の転入超、5万人減=... >>