3大都市圏の転入超、5万人減=不況で09年、名古屋圏転出超に−総務省(時事通信)

懸賞 2010年 02月 04日 懸賞

 総務省は29日、住民基本台帳に基づく2009年の人口移動状況を発表した。三大都市圏では、転入が転出を上回る「転入超過」が計10万4400人となり、前年比4万9700人減と急激に落ち込んだ。転入超過数が4万人以上の規模で減少するのは1993年以来16年ぶり。
 同省統計局は「仕事に伴う転居が不況の影響で減った。移動することが多い若年層の人口減少も要因」と分析している。
 東京圏(東京、神奈川、埼玉、千葉の各都県)は11万7500人の転入超過だが、超過数は前年比で3万4200人減少。このうち、東京都の状況を月別に見ると、先月までの3カ月連続で転出が転入を上回った。前年まで転入超過だった名古屋圏(愛知、岐阜、三重の各県)は、7年ぶりに4500人の転出超過となった。
 大阪圏(大阪、兵庫、京都、奈良の各府県)は74年から転出超過が続いているが、人数は前年より2600人少ない8600人にとどまった。転出超過が1万人を下回るのは23年ぶり。 

【関連ニュース】
名古屋市の住基離脱に反対=強行なら法的措置も
名古屋離脱なら影響大きく=住基ネット、慎重対応求める
名古屋市、住基ネット離脱へ=原口総務相に方針伝える
コンビニでも住民票=首都圏3市区が2月から
姉に成り済まし住基カード=17歳、祇園でホステス

<人事>公取委(28日)(毎日新聞)
アパートで女性刺される=部屋に血の付いた包丁−岐阜(時事通信)
検察審査会、初の起訴議決=元県警副署長、刑事裁判に−明石歩道橋事故・神戸(時事通信)
鳥取連続不審死 「ノーコメント」繰り返す県警(産経新聞)
<中学入試>受験シーズン到来 私立人気、不況知らず? 併願数は減少傾向(毎日新聞)
[PR]

by 1eayyij2qs | 2010-02-04 03:07

<< 京大病院患者から高濃度インスリ...   覚醒剤使用の警部補を懲戒免職 ... >>