覚醒剤使用の警部補を懲戒免職 千葉県警(産経新聞)

懸賞 2010年 02月 03日 懸賞

 千葉県警監察官室は28日、覚せい剤取締法違反(使用)罪で起訴された同県警佐倉署の警部補、佐藤祐介被告(49)を同日付で懲戒免職処分とした。

 監察官室によると、佐藤被告は昨年12月8日ごろ、佐倉市内の飲食店駐車場に停車した車内で、知人の女性に依頼して、覚醒(かくせい)剤を腕に注射させ、使用したとされている。

 佐藤被告は監察官室の調べに「これまでに覚醒剤を数回利用したことがある」などと罪を認め、「薬物担当の係長が、覚醒剤を使用してしまい、本当に反省している」などと謝罪しているという。

 県警の西山厚志首席監察官は「警察官として絶対にあってはならない行為であり、極めて遺憾。再発防止に努めたい」などとコメントした。

【関連記事】
イラン人13人逮捕 覚醒剤など3億数千万円密売か
「警察か第三者の可能性」覚醒剤所持で無罪判決
邦人の覚醒剤持ち込み、高裁へ マレーシア
覚醒剤使用で元「光GENJI」赤坂晃容疑者を起訴 千葉地検
「死んでびっくりした」元会社社長の死体遺棄で無職の男

<偽造1万円札>仙台の繁華街で8枚見つかる(毎日新聞)
安保50周年 本質外れた反対運動、呪縛から思考停止に(産経新聞)
名護市長選「間違いなく新たな要因」…国務次官補(読売新聞)
小沢氏続投、支持相次ぐ=事情聴取受け閣僚が発言(時事通信)
インフル行動計画検証へ 強毒性への備え構築(産経新聞)
[PR]

by 1eayyij2qs | 2010-02-03 03:35

<< 3大都市圏の転入超、5万人減=...   鳩山首相、小沢氏事件で陳謝 衆... >>