駐車違反84件の違反金徴収せず…巡査長を懲戒(読売新聞)

懸賞 2010年 06月 19日 懸賞

 沖縄県警は18日、駐車違反84件の違反金徴収手続きを放置していたとして、那覇署の男性巡査長(30)を減給10分の1(3か月)の懲戒処分にした。

 発表によると、巡査長は沖縄署の交番勤務だった2006年8月〜09年1月、駐車違反をした車両84台分の違反金徴収に必要な書類を作成していなかった。今年1月、駐車違反の標章を張られた車の所有者から、「違反金の請求がない」と同署に問い合わせがあり、発覚した。

 23台分については、違反確認時に義務付けられている現場地図も作っておらず、徴収は不可能な状態。残りは徴収手続きを進めている。

 比嘉善雄・県警首席監察官は「巡査長は日頃から書類の処理が遅く、ため込んでしまったようだ」と説明している。

新たな仕組みの抗カビ物質=医薬品開発へ応用期待―理研など(時事通信)
他施設受診時の取り扱い「まだ混乱」―日医(医療介護CBニュース)
<小沢前幹事長>菅政権を「支えて頑張れ」と原口総務相激励(毎日新聞)
自殺率・出生率、秋田県が15年連続全国最悪(読売新聞)
参院代表質問 菅首相、在任中は靖国神社参拝せず(毎日新聞)
[PR]

by 1eayyij2qs | 2010-06-19 01:01

  夏の特産品岩がきを初出荷=鳥取... >>