<行方不明>海岸で遺体発見 長崎・雲仙の女子高生か(毎日新聞)

懸賞 2010年 04月 01日 懸賞

 24日午後4時半ごろ、長崎県雲仙市小浜町富津の海岸で、一部が白骨化した女性の遺体を通行人の男性が見つけた。県警は、先月28日から行方不明になっている、同県諫早市の県立希望が丘高等養護学校3年、種村侑里(ゆり)さん(18)=雲仙市=ではないかとみて身元確認を急いでいる。目立った外傷は見当たらず、着衣の乱れもなかったことから、事故などの可能性もあるとみて調べている。

 県警によると、発見現場は砂浜の波打ち際。遺体は、高等養護学校の上着とチェックのスカート姿で、靴下と靴を履いていた。上着のポケットには、種村さんの名前が書かれた手帳が見つかった。顔などが白骨化しており、県警は25日に司法解剖して死因などを調べている。

 県警などによると、種村さんは2月28日午後4時半ごろに下校。同7時25分ごろ、小浜町のバスターミナルで目撃されたのを最後に行方不明になった。3月1日にはターミナル南西約400メートルの岸壁で種村さんのかばんなどが発見されており、遺体はこの岸壁から北に約4キロ離れた場所で見つかった。【下原知広】

<掘り出しニュース>建築廃材使いサッカーボール(毎日新聞)
診療報酬改定控え、新点数を説明−日看協(医療介護CBニュース)
「首相の言葉、昨日と今日で違う」普天間また迷走(読売新聞)
自動車関係税見直しで研究会=30日に初会合−総務省(時事通信)
放たれる白い光…太陽の塔、40年ぶりに目玉点灯(産経新聞)
[PR]

by 1eayyij2qs | 2010-04-01 03:17

<< 普天間5月決着、米と合意せず…...   【新・関西笑談】「経済」を語ろ... >>