郵政改革、今週決断=政府出資と郵貯限度額が焦点−亀井担当相(時事通信)

懸賞 2010年 03月 27日 懸賞

 政府が今国会への提出を予定する郵政改革法案(仮称)の策定作業が大詰めを迎えている。亀井静香金融・郵政改革担当相は24日にも、焦点となっている日本郵政グループへの政府出資比率や、郵便貯金の預け入れ限度額の緩和問題について判断を下す構えだが、「皆さんのいろんな意見を一生懸命聞きながら考えている最中だ」と依然頭を悩ませている。
 政府は郵便、金融の全国一律サービスを維持するためには、グループの収益基盤強化が不可欠として、限度額引き上げをはじめとした業務範囲拡大を検討している。しかし、これに対しては金融界を中心に「民業圧迫」との反発が強い。
 こうした批判に配慮し、グループに強い政府関与を残す場合は限度額引き上げを小幅に抑える必要がある。半面、収益面を重視して引き上げ幅を大きくするのであれば、政府出資を最小限にとどめるといったように、政府出資と限度額はセットの関係にある。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

奈良県立美術館でM.C.エッシャー展始まる 80作品を紹介(産経新聞)
橋下知事「北朝鮮から批判されて光栄だ」 授業料無償化めぐり(産経新聞)
<東アジア共同体>5月末にまとめ 首相が指示(毎日新聞)
最強のB級グルメは? 4月10、11日に栃木市でイベント(産経新聞)
法人税下げ、参院選公約に=大塚内閣府副大臣(時事通信)
[PR]

by 1eayyij2qs | 2010-03-27 16:18

<< 【新・関西笑談】「経済」を語ろ...   覚せい剤1キロ密輸容疑、瀋陽空... >>